1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 義母が主催する子どもの誕生日パーティーを断りたい!その理由は・・・

義母が主催する子どもの誕生日パーティーを断りたい!その理由は・・・

こんなのやってらんない!

下の娘さんのお誕生日パーティーの際に、小学生になる姪っ子さんたちが明らかに不機嫌だったからと言います。

「こんな子どもっぽいお祝いなんてやってらんない」という態度でした。

小学生くらいになってくると、自分の面白いことや好きなことがはっきりしてきて、見ている大人がたじたじになってしまうことありますよね^^;

子どもには悪気がないのですから、それを周りの大人が注意するのもおかしな話です。

そのため、投稿者さんは自分の子の誕生日パーティーに無理に付き合わせるのは嫌だと思ったのでしょうね。

そんな姪っこ達に義母は「ほら!一緒に歌うたって!」とか「明日水族館行かないの?写真一緒に入って!」と物でつるような感じで

お義母さまもその態度に気付き、半ば無理やり盛り上げる感じになったと言います。

これじゃお祝いしてもらうほうも気がひけます。

でも、お義母さまの「お祝いしてあげたい」というお気持ちを考えると、なかなか断りにくいですよね。

これも姪っ子さんたちが成長した証なのでしょうから、あまり無理強いはしたくないというお気持ちはとても良く分かります。

つまらなさそうな顔で記念撮影するのも本人たちも大人になって見たときに不本意かもしれませんし。

ここで「自分たちもこうしてお祝いしてきてもらったから」「次は自分たちがお祝いする番」と、人としての思いやりが生まれればとても理想的ですが、そこまで考えられるようになるにはまだ時間がかかりますよね。

でも義母は毎回乗り気で誕生会をします。「みんなでお祝いした方が楽しい」という人なので。

最近では、嫁姑の不仲からこうした義実家でのイベントを嫌がる方も多い傾向もあるようですが、投稿者さんはお義母さまのことが嫌で・・・、というわけではないので余計に悩んでしまうのでしょう。

スポンサードリンク

言いにくいことこそ丁寧に

画像:weheartit.com

どうしたら義母を傷つけず断れるでしょうか?

お義母さまは孫が可愛くて善意でやってくれているのですから、断りにくいというお気持ちは分かります。

でも、だからと言って「もうやってもらいたくない」と思っているのが態度に出てしまえば、余計に相手を傷つけることにもなりかねません。

だからこそ、無理に合わせるのではなく、きちんと言葉を選び丁寧に伝える必要があると思います。

言い出すのは少し勇気がいるかもしれませんが、話し合ってみれば、年齢の近い子どもだけでするとか、小学生になったら自分で出欠を決められるとか、全員がストレスのない方法だって見つかるかもしれません。

また、これも親孝行と割り切って、子どもたちが大きくなるまで投稿者さんがお付き合いできるのであれば、それはそれで良いと思います。

せっかくのお誕生日パーティーですから、子どもも大人も楽しい気分で過ごしたいものですね。

\ SNSでシェアしよう! /

Makin' Happyの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Makin' Happyの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア