1. TOP
  2. コスメ・メイク
  3. 意外と知らない!?日焼け止めのSPFとPAの意味

意外と知らない!?日焼け止めのSPFとPAの意味

紫外線が強くなるこれからの季節、美肌をキープするのに欠かせない日焼け止め。

なんとなくで選んでしまっていませんか?

SPFやPAの数値が高ければ高いほど良いと思ってしまいがちですが、その分配合されている成分も強いものになるため肌への負担も大きくなります。

日焼け止めはなんとなくで選ばずに、SPFとPAの意味をしっかり理解して肌に優しい紫外線対策を行いましょう。

日焼け止めの「SPF」と「PA」の意味

日焼け止めに記載されている「SPF」は、紫外線B波で日焼けするまでの時間(皮膚が赤くなるまでの時間)をどれだけ遅くできるかをあらわします。

日焼けするまでの時間は人によって違いますが、一般的には「SPF1」で約20分間と言われているので、「SPF数値×20」がその日焼け止めの持続時間です。

たとえば、SPF30の日焼け止めの場合の計算式は、「SPF30×20分=600分(10時間)」。

日常の紫外線を防ぐには、SPF数値は20~30の製品で充分です。

一方「PA」は、シミやしわの原因になるUVA波をカットする効果をあらわします。

「PA+」は「効果がある」、「PA++」は「かなり効果がある」、「PA+++」は「非常に効果がある」という3段階で決められています。

スポンサードリンク

日焼け止めの選び方

sun

日焼け止めには、クリームタイプやスプレータイプなど様々な商品がありますが、用途や肌質によって使い分けるのがオススメです。

敏感肌の方やお子様と一緒に使用するなら、一般的な日焼け止めに配合されている「紫外線吸収剤」は肌の負担となる恐れがあるので避けましょう。

表示を見て「紫外線吸収剤不使用」と記載されている製品のほうが安心です。

どんなタイプの日焼け止めを使うにしても、紫外線を防ぐ上で一番大切なのはムラなく均一に塗る事です。

スプレータイプはどうしても塗りムラが出来やすくなるので、塗り直し用として使用するのがベスト。

また、日焼け止めを塗る時は説明書に書いてある規定の量をしっかり塗って下さいね。

日焼けしやすい時間帯は?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ランチタイムの12時~13時は紫外線量が最も多い時間帯。

マスクをしていても紫外線は入ってくるので、ランチに出る前に日焼け止めの塗り直しをするか日傘を持って出かけましょう。

シミが出来やすい年代に突入したら、日焼け止めを塗っているからと安心するのも良くありません。

日傘や帽子、UVカットのカーデ等でさらなる紫外線対策を!

うっかり日焼けしてしまったり、海や山で強い紫外線を浴びたあとは保湿を徹底して肌代謝を上げておくとシミになるのを防げます。

日焼け止めだけに頼らない紫外線対策と徹底した保湿で、夏も美肌をキープしてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

Makin' Happyの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Makin' Happyの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア