1. TOP
  2. 家族
  3. 『いびき』という単語をまだ覚えていない3歳児。かわいい表現にほっこり♡

『いびき』という単語をまだ覚えていない3歳児。かわいい表現にほっこり♡

子どもも3歳くらいになると、お話するのが上手になってきますよね。

だけどまだまだ覚えていない言葉はいっぱい。

だから色んな表現で、自分の思ったことを伝えてくれるんですよね。

「いびき」という単語を

そうつぶやくのは、Twitterユーザーの  SakawaH (@SakawaH)さん。

鳴き声って、とても可愛い表現ですよね!

スポンサードリンク

言葉も表現力も豊かに!

このツイートを読んだ方からは、

「泣き声ww初夏なので蛙ですかね(笑)」

「我が家の6歳も旦那に「パパの寝てるときの鳴き声がうるさい!」と言ってましたww」

「うちの次女『パパ!豚の鳴き声やめて!』」

「もうすぐ3歳のうちの子は、「パパ、ゴーゴー音してうるさいねぇ…」とつぶやきながら、口を塞ぎにかかります。」

「前にテレビで、ドイツ人のおじさんが放屁のことを『おしりの風』と表現をしていたのを思い出しました(笑)」

といったコメントが寄せられていました。

 

言葉も表現力も豊かに成長する3歳児。

個人差はありますが、語彙数は1000を超えるまでに成長しているそうですよ、

\ SNSでシェアしよう! /

Makin' Happyの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Makin' Happyの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア