1. TOP
  2. 出産・育児
  3. 助産婦さんが育児相談や母乳ケアをしてくれる。産後ケアセンターをもっと多くの人に知ってほし

助産婦さんが育児相談や母乳ケアをしてくれる。産後ケアセンターをもっと多くの人に知ってほし

 頼れる両親がいない、上の子がいる、夫の帰りが遅かったり出張が多いなど、産後の育児が不安になることっていっぱいありますよね。

そんなママに知っておいてほしいのが、全国にある産後ケアセンターの存在です。

今回は、産後ケアセンターを利用した方が描かれた体験漫画を紹介します。

日本にもある産後ケアセンター

この作品を描かれたのは、双子ちゃんの育児に奮闘しているTwitterユーザーの 人参太郎 (@taremido)さん。

まだ日本ではあまり浸透していない産後センターでの体験を漫画にして詳しく教えてくださいました。

スポンサードリンク

疲れた体をゆっくり癒せる

相談できる人が近くにいたり、育児を手伝ってくれる人がいるとホッとできますよね。

育児に悩んだり疲れた時は、1人で抱え込まないでこういう施設をどんどん利用してほしいです。

全国に広がる産後ケアセンター

画像:weheartit.com

現在、全国に広がる産後ケアセンターとは、産後のママと赤ちゃんのための安らぎと癒しの施設です。

育児の不安を緩和し、ママの休養や赤ちゃんとの生活に慣れるための援助、また自信をもって育児ができるよう支援してくれます。

ただし、受けられるサービスはその施設により異なる場合があるので、必ず事前に確認をしてください。

気になる費用は、1泊2日のショートステイ(宿泊型)では約2万円~4万円が目安となっていますが、各自治体の助成金制度(助成金がでるのは山梨県だけではありません)によりもっと安く利用できる場合もあります。

宿泊が難しいに方には、少しの負担金で利用ができるデイケアサービス(通所型)もありますので、産後の育児に不安のある方は出産前にこういった施設の利用を検討してみるのもいいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

Makin' Happyの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Makin' Happyの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア