1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 「子どもから長い手紙や長文LINEが来たら・・・」臨床心理士のつぶやきに共感の声続出

「子どもから長い手紙や長文LINEが来たら・・・」臨床心理士のつぶやきに共感の声続出

自分の気持ちを相手に伝えるためのツールである『手紙』。

子育て中にもし、子どもから長文の手紙をもらった時は・・・

内容によっては、こういう事もあるそうです。

大きな分かれ道

そうつぶやくのは、臨床心理士/公認心理師でTwitterユーザーの  矢野宏之 (@hiroyuki_83)さん。

子どもからの長い手紙や長文LINEは『最後通告』・・・

専門家の方がこういうお話をしてくれるのはとてもありがたいです。

 

スポンサードリンク

このツイートを読んだ方からは、

「子どもからに限らず、長文の手紙は大概が『最後通告』なように感じる。」

「ホンマこれ、親はびっくりしてあたふたするかもしれないけど、放ったらかしたら絶対にダメ。放ったらかして親の望む『よい方』には絶対に進まないから。」

「これ、親子だけでなくカップルや友達でもあるかも。最後の勝負の長文。自分の気持ちをちゃんと伝えねばって思ってるから、これでなんの手応えもなかったらスーッとカーテン引いちゃうよね。」

「まさにそれ!という感じで腑に落ちました。私はそれを受け止められなかった結果、離別と引きこもり期間を両方経験しています。子どもの思いを受け止められる側の親が増えてほしいです。」

「私も親に一度手紙を出しました。期待するだけムダだと分かっていたけど、やはり最後にもう一度だけ、という希望がその時あったのだと思います。 結果、 見事に無視され、流石に諦めもつきました。」

といったコメントがとても多く寄せられていました。

子育てにおいて、このことは絶対に忘れないようにしたいものですね。

\ SNSでシェアしよう! /

Makin' Happyの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Makin' Happyの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア