1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 「見えない力に守られて」子どもを抱いたまま階段で足を滑らせたママの不思議な体験

「見えない力に守られて」子どもを抱いたまま階段で足を滑らせたママの不思議な体験

テレビや雑誌などでよく特集されている不思議な出来事。

ネット上でも不思議な体験をした方のエピソードがたくさん紹介されていますが、もし、実際に自分の身近で起きたらどうでしょう。

今回は「何か見えないもにで守られている」ことを実感された方の心温まる不思議な体験談を紹介します。

見えない力に守られて

 

自分の身に起きた不思議な体験を漫画で教えてくれたのは、妖怪と猫が好きというTwitterユーザーのcoto(@coto0244)さん。

お子さんが生まれた後から、誰もいない二階の部屋から誰かの足音が聞こえるようになったそう。

そしてある夜、育児疲れからか赤ちゃんを抱いたまま階段を踏み外してしまいます。

その時、一瞬何かの力で持ち上げられるよう感じがしたと思ったら、階段の転んだであろう位置に母子とも傷を負うことなく立っていたんだそうです。

スポンサードリンク

助けてくれたのは・・・

このお話を読んだ方は、口をそろえたように「座敷わらしなのでは?」とコメントされていますが、私もそんな気がします。

座敷わらしとは、主に岩手県に伝わる妖怪のこと。 

妖怪と言われると恐ろしい感じがしますが、座敷わらしは見ると幸せになるとか家に住み着くとその家が栄えると言われているので、会いたがっている人も多いそうです。

一般的に、座敷わらしは5歳ぐらいの子どもの姿をしていると言われていますが、10歳くらいの子どもだとか動物の姿をしていると言われることもあるそうですよ。

不思議な体験

不思議な体験=怖い・恐ろしい体験というイメージがありますよね。

ですが、今回のお話のような不思議な体験談を見ていると、心が温まる気がします。

見えないものの存在は、見たことのない者からすればにわかに信じがたいですが、いると信じていると見ることができるようになるのかもしれません。

そして、見えていないだけで誰もが不思議な力に守られているのだとしたら…

感謝せずにはいられませんね。

画像:weheartit.com

\ SNSでシェアしよう! /

Makin' Happyの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Makin' Happyの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア