1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 小1次女がしている『あるもの』を使った勉強法。問題を解くスピートが上がってビックリ!

小1次女がしている『あるもの』を使った勉強法。問題を解くスピートが上がってビックリ!

小1の娘がしている『あるもの』を使った勉強法。

この形式で問題を解くと、明らかに自分ひとりで解いてる時よりスムーズに解けているのだそうです。

素晴らしい効果!

そうつぶやくのは、Twitterユーザーの  しんざき (@shinzaki)さん。

『ぬいぐるみに勉強を教えてあげながら問題を解く』

これをすることでそんな効果があるとは、とても素晴らしいですね!

 

スポンサードリンク

アウトプット大事

このツイートを読んだ方からは、

「それは大いにあると思います。発話には『取り出して並べる』という効果がありますから。」

「それわかる。人に教えようとすると考えが整備されるんだよね。」

「プログラマの間で有名な『ラバー・ダック・デバッグ』という手法ですね。ゴムのアヒルちゃんに話しかけながら問題点を確認すると問題解決が早くなるというもの。 応用範囲は広い!」

「受動的な学習から能動的な学習に変わったのでしょう。」

「アウトプットの重要性がとてもよくわかりますね。」

といったコメントが寄せられていました。

子どもが宿題などで煮詰まった時は、この方法を試してみるといいかもしれませんね。

\ SNSでシェアしよう! /

Makin' Happyの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Makin' Happyの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • 息子が『友達に噛まれた』と聞いた母。どうしてなのか聞いてみると・・・

  • ママよりも正義の味方がいい!?家のみ偏食息子にアンパンマンの◯◯と言ったら

  • 父の誕生日に一緒にケーキを食べていた長男。深刻な顔で母に駆け寄ってきたので何を言われるのかと震えていると・・・

  • いつまでも幼稚な態度の夫に義母がひと言!そして…

  • 売り物のぬいぐるみにハグやキスはNG!どれぐらい汚くなるか科学的に分析してみた結果

  • 「ユニクロでポケモンのナッシーTシャツを3枚買ってきてほしい」と言う息子。その理由を聞いてみた結果・・・