1. TOP
  2. ファッション
  3. 保育園で『ピンクは女の子の色』と友達に言われて帰ってきた息子。母の説明に「わかりやすい!」の声

保育園で『ピンクは女の子の色』と友達に言われて帰ってきた息子。母の説明に「わかりやすい!」の声

日本ではまだ根強く残っている『ピンクは女の子の色』という固定観念。

これをなくすためにはどうすればいいのか?

海外のこのキャラクターを知れば、すんなり分かってもらえるかもしれません。

色に男の子女の子はない

この投稿をされたのは、Twitterユーザーの  Smash!Hate Project (@SmashHateProj) さん。

「バーバパパはピンクでママは黒」

ピンクは女の子だけの色じゃない事を教えるのに、この例えはすごくわかりやすいです!

スポンサードリンク

自分の好きな色を自由に

このツイートを読んだ方からは、

「これはこども目線の分かりやすいいい例ですね!」

「なるほど!確かにバーバパパはピンクだ!!ちなみに自分はバーバモジャとピカリが好きです(笑)」

「素敵な例えですね。優しい色のピンク、優しい気持ちは、男女関係ないです。」

「僕もピンク好きですよ。 昔は『男のくせに』とよく言われましたが、今は職場をはじめ受けいれられてます。」

「うちの息子もピンク大好きです。自分が好きなら何色だっていいと私も思ってます。」

「『ピンクは女子の色』ていう概念、早く日本からなくなってほしいですね。」

といったコメントとがとても多く寄せられていました。

 

男の子は黒、女の子は赤と決まっていたランドセルも、今はカラフルな色がたくさんでています。

これからの時代の子どもたちには、男女関係なく自分の好きな色を自由に選べるようにしてあげたいものですね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

Makin' Happyの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Makin' Happyの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • 0歳の赤ちゃんに『クラッシック音楽』を聞かせ続けた結果・・・

  • 1年以上喧嘩をしていない妻に「なんか最近良い感じよね」と言ったら・・・

  • こっちの方が説得力あるww物を捨てられない理由は『過去への執着』と『未来への不安』というけど・・・

  • 夫の分からないから出来ないに妻「私に聞くのが嫌ならググれ!!」

  • 有難いけど母のやる気が瀕死…学童へ行く娘のために、夏休みもせっせとお弁当を作っていると

  • 「家事育児しない男性」ではなく「家族を助けない人」がよくない。妻が望んでいるのは・・・