1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 何度言っても素直に反省しない妻。出てくる言葉はいつも言い訳ばかりで・・・

何度言っても素直に反省しない妻。出てくる言葉はいつも言い訳ばかりで・・・

出てくる言葉はいつも言い訳

「あなたが新聞を広げているから、ここにしか置けなかったのよ!」

自分でわざわざスマホを落ちやすいテーブルの端に置いておいて、投稿者さんに文句を言うのは筋がちがいますよね。

本当に新聞が邪魔だったんなら、それを伝えて片付けてもらうようにすれば、落ちないところにスマホを置くことぐらいはできたはずですし。

掃除機のパーツを外したのも元に戻したのも奥さんなら、紛失したのはどう考えても奥さんですよね。

でもそれを奥さんはかたくなに自分は捨ててないと言い張る・・・

「あ~今度から気をつけよう」とか、「しまったー」みたいな言葉は出てこないのです。いつも出てくるのは、言い訳ばかり。

失敗は誰にでもある事ですが、奥さんの場合それを他人に指摘されたら『攻撃された』と勘違いして、失敗を認めて反省したり謝ったりすることよりも先に、自己防衛のために色んな言い訳が出てくるのかもしれないですね。

「素直に謝ること」の大切さを、妻にも分かってもらいたいと思っています。親がそれをできなければ、子どもも、同じようになってしまうと思うのです。

確かに、親が出来ていないことを子どもに教えるのは説得力に欠けますよね。

でも、素直に謝ることの大切さを子どもに教えないわけにはいかないので、これは投稿者さんご自身が子どもの前でやってみせて、教えていくしかないでしょうね。

妻が、素直に自分の非に気づいて、反省してくれるようになるには、私はどう関わったらよいでしょうか。

今までさんざん言ってきてダメだったのなら、もうこれ以上同じことを繰り返し言っても無駄なような気がします。

奥さんみたいなタイプの人は、責めたり叱ったりするのではなく、今までとは全く違う対応が必要なのかもしれないですね。

スポンサードリンク

同じ失敗を繰り返さないよう

画像:weheartit.com

何かをしたとき、失敗をしてしまうのは誰にでもあることですよね。

しかし、世の中には自分の失敗を認めず、その上自分は悪くないと人のせいにして反省を全くしないという人は少なくありません。

ですが人は、何かで失敗をしたときにどういう行動するか、どんな態度をとるかで、その人となりを見ていたりするものです。

重要なのは、失敗したかしていないかではなく、その後の対処の仕方。

何をするにも失敗をしないに越したことはないですが、もし自分が何か失敗をしてしまった時は、それを素直に認めて反省をして、また同じことを繰り返さないようにしたいものですね。

出典:yahoo.co.jp

\ SNSでシェアしよう! /

Makin' Happyの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Makin' Happyの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア