1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. こっちの方が断然いい!子どもに勉強を教える時「どこがわからないの?」と聞くのではなく・・・

こっちの方が断然いい!子どもに勉強を教える時「どこがわからないの?」と聞くのではなく・・・

家庭教師のバイトをしていた経験から、子どもに勉強を教える時は『聞き方』に工夫しているというお母さん。

たしかにこうやって聞いてもらえると・・・

安心して勉強ができそうです。

聞き方って大事!

そうつぶやくのは、Twitterユーザーの  marie (@izakayamarichan)さん。

これはとても良い聞き方!

「どこまでわかってる?」より「どこまでわかってる?」の方が子どもも答えやすいですよね。

 

スポンサードリンク

このツイートを読んだ方からは、

「これめっちゃわかる。わからない子ってだいたい、『わからなくもないんだけどなんかわかんない』って子が多いんだよね。」

「私が子どもの頃、こんな風に聞いてもらえてたら答えやすかったかも。とても参考になりました。」

「今家庭教師のバイトしてるんですけど、これすごく分かる。わからないとこ聞くと『わからないところがわからない』ってなるから。」

「今日から試す。速攻試す。うちのわからんわからん大魔王に効くといいんだけど…」

「これは大人相手にも応用できますね。教える側やリーダーやる人は言葉の使い方に人一倍気を配らないと人材は育たない。経験者は語る。」

といったコメントがとても多く寄せられていました。

これは子どもだけでなく、大人同士の対話の時でも意識しておきたいことですね。

\ SNSでシェアしよう! /

Makin' Happyの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Makin' Happyの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • 『男に出来ないのは出産と母乳を出すことだけ』とあるパパのつぶやきに共感の声続出!

  • 義実家に呼ばれるたび「子育てがあるから行けない」と断る夫。キレた義母への返しに称賛の声!

  • 「ありがとうじゃなくて〇〇じゃない?」って・・・お風呂掃除をしてくれた夫にお礼を言ったら

  • このスキルは持っていたい!とある男性が父親になって一番大事だなと思ったこととは

  • 給食を太鼓や笛の合図で食べる小学校。その理由に呆れる・・・

  • 2歳の息子が『お風呂上りに必ず浴槽を磨いてくれる』と言う夫。その様子を実際に見てみると・・・