1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 「〇〇」という教育は害悪!相手を許せないことに罪悪感は要らない

「〇〇」という教育は害悪!相手を許せないことに罪悪感は要らない

世の中には、「ごめんなさい」と謝られても、事と次第によってはすぐに許せないことってたくさんありますよね。

だから教育の場でこのようなこと言われると・・・

言われた側は本当に困ってしまいます。

許せないことに罪悪感は要らない

この投稿をされたのは、Twitterユーザーの  Nikov (@NyoVh7fiap)さん。

たしかに、「謝ってるから許してあげなさい」と第三者から言われるのは困りますよね。

スポンサードリンク

『謝る=許してもらえる』ではない

このツイートを読んだ方からは、

「これを言う教師や親は、単に自分が仲裁するのが面倒なだけなんだと思う。」

「それと同様に、『とりあえず謝っときなさい。』という教育もよくないですよね。」

「同感です!『悪い事をした→怒られた→謝った→もういいでしょ?』という開き直りとも取れる流れになるのがどうにも納得いきません。」

「子どもがそれで育つと、『謝ったのに許してくれない』思考になりかねないです。」

「全然反省してないのに形だけ謝られても…余計に腹が立ちますよね。」

といったコメントがとても多く寄せられていました。

 

子どもの教育において、自分が何か悪いことをしてしまったり、人を傷つけたりしたときに『謝る』ということを教えるのはとても大切なことです。

それと同時に、許すか許さないかは相手が決めることであって、世の中には、謝るだけでおわりと言うわけには行かないこともあるということも、子どもにはしっかりと教えていきたいものですね。

\ SNSでシェアしよう! /

Makin' Happyの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Makin' Happyの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • 専業主婦への偏見をなくしたいという男性。「でも、どうしても楽そうだと思ってしまい・・・」

  • 関西人の父と関東人の母との間に生まれた子が『マクドナルド』を何と呼ぶのか?ひそかに楽しみにしていた結果・・・

  • 4才の息子に何か買う度『父親を立てる発言』していたお母さん。すると…

  • 【妊娠報告】彼の母親の言葉が許せないという女性に「お母さんより彼が変!」「どう考えても正論!」

  • 児童クラブで一緒の子に『ブス』と言われた8歳の女の子。その返しに「素晴らしい」の声

  • 『ワニをつかまえている家がある』という話に怯える子ども達。内容から真相を察すると・・・多分コレ!