1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 作ってもらう側が忘れてはならないこと。料理を誉めると妻は「焼いただけ」「煮ただけ」と謙遜してくるけど・・・

作ってもらう側が忘れてはならないこと。料理を誉めると妻は「焼いただけ」「煮ただけ」と謙遜してくるけど・・・

食材を買いに行って、栄養バランスを考えながら煮たり焼いたり、そして味付けに工夫したり。

毎日家族の食事を作るのはとても大変ですよね。

でも、旦那さんが自分の作った食事に対してこんな風に思ってくれていたら、料理をするのにも張り合いがでます!

我々は忘れてはならない

そうつぶやくのは、Twitterユーザーの どうぞ (@dozosan) さん。

そうなんです!料理は「今日の夕飯は何にしよう?」って考えて食材を”買う” ところから始まっているんです!

奥さんは謙遜し、旦那さんはありがたみを忘れないなんて、まさに理想の夫婦ですね。

スポンサードリンク

このツイートへの反応

この投稿を読んだ方からは、

「出された食事に文句を言うのはだいたい料理ができない人。毎日違うメニューを作るのどれだけ大変か知ってほしいです。」

「子どもの頃、親に『出されたものは黙って食べなさい!』って言われたの、今になってほんとにそうだなって思います。」

「料理って、食べるのは簡単だけど作るのは大変なんだよー!!」

「自分、料理人なのでとても共感できます。奥さんのその前の苦労を読める旦那さんは素晴らしいです。」

といったコメントが寄せられていました。

妻の料理に文句をつける人には

画像:weheartit.com

たまに、目玉焼きなどの簡単に作れるものは料理として認めないという人がいますが、料理をする工程がシンプルなものほど難しいんですよね。

目玉焼きなんか半熟にしたくても、火加減や時間を間違えるとすぐにかたくなたり焦げちゃたりしますし・・・

妻の作った料理にあれこれ文句をつける人には、「それなら自分で作ってみろ!」って心の底から言いたくなります。

\ SNSでシェアしよう! /

Makin' Happyの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Makin' Happyの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア