1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 小学2年生の娘が書いた作文『家族の自慢』にママ絶句!穴があったら入りたい…。

小学2年生の娘が書いた作文『家族の自慢』にママ絶句!穴があったら入りたい…。

小学2年生になる娘さんを持つお母さん。ある日、娘さんの作文に書かれた内容を見て思わず絶句!

その作文のテーマはどうやら「家族の自慢」。

どんなことを自慢しているのかと思いきや、娘さんは自慢したのはなんとまさかの・・・。

私の家族の自慢は・・・

この投稿をされたのは小学2年生の娘さんの母、Dr.スランプみくあちゃん! (@__mi__ku__) さん。

娘さんは「ママの料理がとても美味しいことが自慢」と嬉しいことを書いてくれていますが、問題なのは後半でした。

 

スポンサードリンク

ママのエビピラフは・・・

ママに、上手につくるコツを聞きました。

でん子レンジであたためてつくったそうです。

エビピラフのふくろのうしろに書いてあって、あたたかくあっためると、つくれるそうです。

娘ちゃん・・・、そ、それは・・・

冷凍食品のやつ・・・!!!

これは確かに「穴があったら入りたい」とママが言うのも頷けます。

冷凍食品に負けたけど

画像:weheartit.com

毎日時間をかけて色々な料理を作っているのにまさか冷凍食品に負けてしまうとは・・・。

でも、この作文を読むと「時間をかけた手作り食」=「子どもが喜ぶ」

というわけではないことがよく分かりますよね。

そう考えると、たまには手抜きしたっていいよね~♪と、ちょっと気が楽になります。

栄養バランスを考えた食事ももちろん大事だとは思いますが、子どもが喜ぶ手抜きメニューが分かっていれば忙しいときには大助かりですね!

 

\ SNSでシェアしよう! /

Makin' Happyの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Makin' Happyの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア