1. TOP
  2. 人間関係
  3. 「会話で指導したいけど・・・」と言う高校教師の父。その理由に考えさせられる

「会話で指導したいけど・・・」と言う高校教師の父。その理由に考えさせられる

学校教育法で禁止されている子どもへの体罰。

でも、『暴力がコミュニケーションツールになっている子ども』を目の当たりにすると・・・

先生たちは本当に大変です。

会話で指導したいけど

そうつぶやくのは、Twitterユーザーの やぎきち (@chomoco02233)さん。

最初に殴らないと、バカにしてかかり、会話に入れない

これは先生とその生徒にとってすごく大きな問題ですよね。

スポンサードリンク

難しい問題です・・・

このツイートを読んだ方からは、

「そもそも、生きてる世界が違うんだからそりゃ意思疎通もままならないですよね。」

「これすごい分かる。そしてそういう子の周りには、得てして『大人という(無自覚の)暴力』を振りかざす人たちが多かったりする。」

「これメチャメチャわかります。私もそういう子ども達と向き合ったことがありますが、結果を出すのは本当に容易ではないです。」

「なるほど…。 残酷だけど、ちょっと納得できてしまいました。会話が成立しないって絶望感しかないですよね。」

「最初にマウント取らないと話のテーブルにもついて貰えない事があるってのは、何となくですがわかります。」

といったコメントがとても多く寄せられていました。

 

幼い頃に親や周囲から植えつけられてきた価値観は、いわば宗教みたいなもの。

それを変えるには、高校の3年間じゃ足りないかもしれませんね。

\ SNSでシェアしよう! /

Makin' Happyの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Makin' Happyの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • 母親の異常さに気付いたという18歳の女の子。「友達と話をしていて母親のことを言ったら驚かれ・・・」

  • 電車の中でギャン泣きする5歳児。両親による数分間の『慎重なカウンセリング』が行われた結果・・・

  • 〇〇を聞くのはやめてください!保育士さんから保護者さんへの切実なお願い。

  • 「息子にマイクラをやめさせた」と言う上司。それを聞いて『やらせてあげてほしい理由』を熱弁した結果・・・

  • いじめ問題を学校の先生や校長にもっていくのはもうやめよう。その理由に賛成の声多数

  • 年金があり生活費の負担もないのに「毎月お小遣いを頂戴」と言う義母。夫がそれは無理だと断ると・・・