1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 娘が学校から持ち帰った何の変哲もない『古いものさし』。でも実はコレ・・・

娘が学校から持ち帰った何の変哲もない『古いものさし』。でも実はコレ・・・

ある日当然、子どもが学校から持ち帰った古い竹製の『ものさし』。

パッと見たところ、何の変哲もないただのものさしなんですが・・・

実はこのものさしには、こんな奇跡的なエピソードがあったのです。

30年ぶりにおかえり!

この投稿をされたのは、Twitterユーザーの  小桜けい (@iwasiro1) さん。

この『ものさし』は学校の授業で使っていた備品に紛れ込んでいたのだそう。

そしてそれがたまたま娘さんの手元に来て、裏をみたら何とお父さんの名前が書いてあるのを発見!!

それを先生に伝えると、家に持って帰っていいと言われて持ち帰ったといいます。

 

スポンサードリンク

素敵な奇跡にビックリ!

娘と昔の夫の筆跡がそっくりだったので、先生も持ち帰らせてくれたのだろうという投稿者さん。

この投稿を読んだ方からは、

「素敵な奇跡ですね!これはもう神棚に飾っても良いのでは?きっとものさしの付喪神が生まれてると思います!」

「ものさしに付喪神が宿ってて、偶然ではなく必然的に娘さんの手もとに届いたんじゃかと思います。」

「生徒の忘れ物を30年も捨てていない学校がスゴイ!なんというか、ものすごい奇跡ですね。」

「これって運命?と思えるような出来事ですね。30年も生徒の忘れ物を捨てなかった学校も、持って帰らせてくれた先生も素敵です。」

といったコメントがとても多く寄せられていました。

 

学校の授業で、たまたま手にした古いものさしの裏に自分のお父さんの名前が書かれているのを見つけた娘さん。

すごくビックリしたでしょうけど、きっと一番驚いたのはお父さんでしょうね。

なんてったって30年前の自分の忘れ物が、我が子の手によって自分の元に戻ってきてくれたんですから^^

\ SNSでシェアしよう! /

Makin' Happyの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Makin' Happyの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • なんでも母親のせいにしてくる思春期まっただ中の娘。でもお母さんの〇〇だけは・・・

  • 子どもだけでなく大人にも!スウェーデンの教科書に載っている言葉が心に刺さる

  • 小6の息子。そろそろ鉛筆は卒業してシャープペンシルかなと思ったけど・・・

  • 子育ては〇〇の連続!自分なら子どもと楽しみながら育児が出来ると思っていたけど・・・

  • 咄嗟に〇〇から夫を救ってしまったという妻。心の中では常にあんな奴どうにでもなれと思っていたのに・・・

  • 子どもの頃よりグレードアップ!こたつで寝るとよく風邪を引くと言われているけど最近では・・・