1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. ほうれんそう(報連相)と同じく社会人に必要な「こまつな・きくな」そして最もしてはいけないのは・・・

ほうれんそう(報連相)と同じく社会人に必要な「こまつな・きくな」そして最もしてはいけないのは・・・

会社という組織で働くためには、報告・連絡・相談の造語である『ほうれんそう』はとても大事なことですよね。

でもそれ以外にも同じように大切な造語がいくつかあります。

中でも、最もしていけない『〇〇』は、『ほうれんそう』以上に大事です!

最もしてはいけないのは・・・

そうつぶやくのは、1児の母で児童福祉のお仕事をされているTwitterユーザーの  Nikov (@NyoVh7fiap)さん。

『ちんげんさい』は本当にやったらダメですね。

もう何年も前から社会人ですが、ほうれんそう以外知らなかったので、こらから参考にさせていただきます!

 

スポンサードリンク

組織の中で働くのであれば

このツイートを読んだ方からは、

『職場の上司にはぜひ『おひたし』(お=怒らない ひ=否定しない た=助ける し=指示する)を守って欲しいですね。」

「追加でひじきも。ひ→否定をせず、じ→自分の考えを伝え、き→聞く耳を持つ。」

「こまつな、きくな、ちんげんさいは初耳でしたがすごく納得しました。心に留めておきます!」

「人に聞いたりコミュニケーション取るのが苦手なので”ちんげんさい”はよくやってしまいます。 教える側の人がすぐ怒るタイプだと特に…。」

「ちんげんさい、これだけはホントやめた方がいい!行き着く先は一番哀しいエンディング一択になるから。」

といったコメントがとても多く寄せられていました。

 

会社という組織の中で働くのであれば、これらの造語はどれも覚えておいた方がいいことですよね。

特に最もしてはいけない『ちんげんさい(沈黙する、限界まで言わない、最後まで我慢)』は、絶対に覚えておいてほしいです。

\ SNSでシェアしよう! /

Makin' Happyの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Makin' Happyの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • 子どもの結婚式で化粧しないのは非常識?化粧するなら式には出ないという母親に非難の声殺到!

  • 赤ちゃん連れのママがランチをテイクアウトして帰ろうと思ったら…店員のひと言に愕然!

  • 電車で泣き出した子どもをあやしてるお母さん。その光景を隣で見ていたところ・・・

  • 『子供の全てここにアリ!』言いたいことが言えなくてツライ時は紙に書いてごらんと言って育てたら・・・

  • 小学6年生の姪っ子に言われた言葉が許せない!「私が怒りすぎでしょうか?」

  • 48歳で4月から『〇〇』になるという友人。その意志の強さと努力に感動する